40歳を過ぎてからの中折れはこうやって克服しました

40歳を過ぎてからの中折れはこうやって克服しました

私は来年高校生になる男の子がいる今年で46歳になる中年男性です。

 

私が「中折れ」が気になりだしたのは35歳位からですが、若い頃からボッキ力には自信があり、今もなおボッキ力自体は衰える事は無く、マキシマム硬さはかなり良い具合だと自負しております。

 

ですが、中折れに関しては若い頃から少しヤバイかな?と感じており、硬さを維持する事が難しく、硬さを維持する為に色々と考えてしまい、結果的にかなりの遅漏でした。

 

35歳位から本格的にヤバイなと感じ、それ以降は中折れしだしたら、そのまま柔らかくなってしまう事が増えてきて、40歳位にはイク事も無く終了する事が増えてきました。

 

これではいけないと、ネットや文献を調べ、実際にやってみては他の方法を調べてやってみてと繰り返していました。

 

その結果、個人的にですが効果のあった方法は下記の3項目でした。

 

まずは体力をつける。

 

身体を激しく動かすのだから、体力をつけるという事が大事であり、至極当然の事と思う人は多いと思います。
飽くまで個人的な意見ですが、実は若い頃と違う点は体力が衰える事ばかりでは無く、呼吸が荒くなる事が問題だと思っております。

 

呼吸が荒くなると呼吸のリズムと腰のリズムが合わなくなり、どうしても呼吸が乱れます。
これが原因で、呼吸のリズムを整えていこうとそちらに気が集中する様になります。
この状況は自律神経が刺激され、交感神経が活発になる様です。

 

ボッキ状態とは、実は副交感神経が活発な状態であり、交感神経と副交感神経は互いにどちらかが活発になる仕組みな為、交感神経が刺激される様な行動はマイナス要因となります。
なので、呼吸が安定する位の体力をつける事が要だと思います。

 

部屋を明るくして、視界を良くする。

 

私は子供の頃から目が悪く、目から入ってくる情報が少ないので、興奮できる様なモチベーションやエロい気持ちの維持が難しい方でした。

 

なので、パートナーに協力してもらい、部屋を明るめにしてもらい、汗に強くて軽い眼鏡を使用する事にしました。

 

効果はかなり高く、ボッキ力の維持はかなり簡単になりました。
割と簡単な方法ですが、視力の悪い方にはお勧めです。

 

アルギニンを多く取る。

 

良く言われる事ですが、強壮剤は値段が張るので、私は「セノビック」など子供の成長促進で販売している飲み物で代用しました。
成長促進にはアルギニンが良く、かなりの量が含まれているので、コスパがかなり高いと思います。

 

市販されている専用の強壮剤よりお勧めだと思いますのでお試し下さい。カマグラもすごいですよ。